彼女探しで人気の場所5つ!一番探しやすいのはアレ

「彼女が欲しいけど、なかなか出会うきっかけがない」。そう感じている男性は多いはず。社会人になると、仕事が忙しくなり、学生のときのように、友達と出かけたり合コンをしたり、興味のある活動に足を運ぶ、という機会も少なくなります。

もしあなたが本気で

彼女を作りたい!

と思っているのであれば、自分から積極的に動いて、出会いの場を作っていくしかありません。何よりも大切なのは「行動すること」です。でも、具体的にどう動けばいいのか、あまり見当がつかない人もいるのでは。

ステキな彼女がいるあの人は、どこで相手を見つけたのでしょう? 結婚相談所を訪ね歩いたり、女性の好きそうな高尚な趣味を始めたりしなくても、あなたが気軽に彼女を探せる場所は存在します。

彼女はどこで見つけよう?「出会いの場」で人気の場所5つ

代表的な出会いの場5つをご紹介しましょう。

合コン・街コン 昔も今も人気の出会いイベント!

気軽にできて友達の輪が広がる合コン&街コンイベントは、人気の出会いの場所です。
最近では「合コンセッティングサービス」をしてくれる会社があり、友達同士で登録しておくと、その人たちのキャラやノリに合った合コンをセッティングしてくれます。

合コンセッティング
学生のための合コンセッティングサービス「ステラスチューデント」

街コンは近場で同じ目的を持った者同士が、イベントや飲み会を通してどんどん仲良くなれるのが魅力。
友達同士で気軽に参加できるので、緊張感もあまり持たずにいられます。楽しい時間を共有する中で、気になる女性に出会えたら最高です。

友人・知人の紹介 共通の友人がいると心強い

「類は友を呼ぶ」と言いますが、紹介のいい点は、共通の人を介しているので、自分と似たような波長を持った人と出会いやすいところです。そして仲介者がいるということで、身元や人間性もかなり信頼できるものになります。

自分をよく知っている人が「この人になら合いそうだ」と思ってカップリングをしてくれるので、相性が合う確率も高くなるでしょう。何かあった場合、相談できる相手がいるというのも心強いところです。
ただ、お付き合いがうまくいかなかった場合、紹介者とも気まずくなってしまう可能性があります。

社内恋愛 毎日顔を合わせていると惚れてまうやろ!

仕事場で恋人を見つけると、毎日会社に行くのが楽しくなります。恋愛のパワーも加わり、職場でのモチベーションも上がってきます。
何より、いつも身近に恋人の存在を感じられる喜びがあります。それから、仕事を通してお互いの性格や様子、状況がよくわかりあえるので、うまくいけば最強のカップルになり得るでしょう。

ただ、やっかいなところは、ケンカしても、関係がうまくいかなくなっても、仕事で毎日顔を合わさなければいけない点です。仕事とプライベートが分けづらく、仕事に私情を持ち込んだり、日常に仕事が入り込んできたりしてしまいます。社内恋愛では、お互いが大人であることを求められるでしょう。

ボランティア活動 誰かのために奉仕するその美しき心に惹かれます

無償で奉仕活動を行う、ボランティア。スケールの大きなところでは、青年海外協力隊や東日本大震災のような被災地での活動があります。
そんなに大げさなことではなくても、清掃イベントや地域のお年寄りや障害を持った人への介助や、地域おこしの企画、イベントのお手伝いなど、さまざまな種類のものがあります。

Yahoo!ボランティア
Yahoo!ボランティア

人のために何かをしたい、と思っている人の周りには、良い空気が流れます。そして、自然と同じような空気の人が集まります。ですので、そんな環境では尊い宝物のような出会いが訪れるかもしれません。共同作業を行うので、そこから絆も深まることでしょう。

インターネット 最近のスマホ依存がネット恋愛のハードルを下げた

いま一番注目されているのが、SNSやネットゲーム、サイトなどを使った、インターネット内での出会いです。

出会い系のコミュニティや伝言板をきっかけに、お付き合いを始める人が最近急激に増えています。実は「“ネットで知り合った”というカップルは、7人に1人いる」と言われるほど、インターンネットでの出会いは一般的になってきています。

その中でも「彼女を作る究極の方法」としておススメできるのが、恋人を欲しいと思っている男女の出会いを演出する、恋活系のサイト。そこには、「彼氏が欲しい女性」が登録していますので、非常に相手を見つけやすいのです。

カラダ目的の出会い系とは違い、まじめな恋愛を目指すコミュニティを持つアプリもたくさんでています。そこには恋愛目的の男女のみが多数登録。大手ならば最大500万人という登録規模を誇ります。こういった恋活サイトのすばらしさは、こんなところにあります。

  • 大学生から社会人まで、登録者が幅広い
  • 一度に複数の女性にアプローチできるので、「数撃てば当たる」精神で、気軽にがんばれる
  • 24時間いつでもどこでも会話ができる

ちなみにミクシーやFacebookなどのSNSを使えば無料ですが、もともと男女の出会い目的に作られたものではないので、その場合は少々高度なコミュニケーション能力が必要です。ですので、インターネット内の「出会い系サイト」が、彼女探しにはもってこいのアイテムといえるでしょう。

ネットで彼女探しをする場合は出会い系サイトが一番有利という理由は?

「インターネットで知り合った」というと、ひとくくりにされてしまいがちです。でも実は、リアルな出会いの現場と同じく、インターネット内にも「出会いの場」には、さまざまな場所があります。
その中でも“出会い系サイト”は安全に利用ができると人気があり、多くのカップルが生まれています。

数あるコミュニティサイト

インターネット内での出会いの場として代表的なものをあげると、以下の通りです。

  • SNS(ソーシャルネットワークサービス)
  • ID交換掲示板
  • ソーシャルゲーム
  • 出会い系サイト
  • 婚活専用サイト

SNSやID交換掲示板においては、出会い系と比べるとまだネット被害の確率が高いという状況があるので、注意が必要です。

ソーシャルゲームで、自然に恋愛に発展していくケースも中にはあるようですが、ゲームを通しての交流と個人的なお付き合いではギャップが生じるケースも多く、あまりおススメはできません。

結婚を前提とした真剣なお付き合いを望む人には、「婚活専用サイト」もありますが、結婚という意識が強すぎるため、男女共に少々力が入ってしまうことがあるようです。また、入会料金が高額になるということもあるので、注意が必要です

いきなり結婚を前提にお付き合い、では重すぎます。ネットはサクッと出会いたい、気軽に合ってみたい・話してみたい、という出会いに向いています。

規制法の登場で、健全化してきた出会い系サイト

よく新聞やニュースで「被害者は容疑者と出会い系サイトで知り合い…」というくだりを見かけますよね。そんなことから、今でも「出会い系~」というと、犯罪やトラブルと結び付くマイナスイメージを思い浮かべる人がたくさんいます。

7~8年ほど前までは確かに「出会い系サイト」が、犯罪やトラブルの温床でした。しかし、平成20年に「出会い系サイト規制法」が改正されたことで状況は大きく変わりました。
今では「出会い系」で起きるトラブルが、ネット被害全体の数パーセントにまで減っています。
(参考:ご存知ですか? 数年ごとにどんどん変わる出会い系被害の発生場所を

また、年々取り締まりや摘発も厳しくなると同時に、ユーザーがサクラや悪質サイトを見抜く力を持つようになってきました。そんな状況が、出会い系サイトの環境をよりよく改善していき、最近では、「出会い系」のイメージそのものがいいものに変ってきています。

ネット内の出会いの環境は、この世界を知らない人にとっては不安が大きいと思います。
しかし、リアルな彼女探しの場所に負けないくらい、ステキな出会いをみつけている人がたくさんいます。そんな実績が多くなればなるほど、出会い系サイトに対する信頼と人気が高まっていくことでしょう。

真剣に彼女探しができる!優良出会い系サイト、3つの特徴+α

本気で彼女をみつけたいのなら、最初にどの出会い系サイトを選ぶか、が勝負です!大切なのは、同じような想いを持っている一般の女性が登録している優良サイトを見分けることです。では、優良と評判のいい出会い系サイトの持つ特徴をお教えします。

特徴1:運営歴が長い

これは、一般のお店の場合と一緒です。創業年数が長いという実績を持つお店の商品はクオリティがよく、人気もあって信頼できるということ。
ビジネスは創業して1年後には3割が撤退・廃業になる、創業10年後の生存率は3割以下という厳しい現実があります。(参考:中小企業庁「事業の存続・倒産と再生」
出会い系サイトも同じことが言えます。

老舗と呼ばれる大手出会い系サイトは10年以上の運営歴を持ちます。それだけ多くの人が利用し、真面目に運営しているあかしでもあります。

特徴2:会員数が多い

若い女性にも受けがよく認知度が高いワクワクメールやハッピーメールなどの有名サイトでは、ユーザー数が500万人を超えています。こうした100万人単位の会員を抱えるサイトは、女性誌に広告を掲載したり、都内に大きな看板をだしたりと、大規模な広告活動を行っているのが特徴です。
某サイトは「年間10億円の広告費を使っている」の噂がありますが、多数の雑誌・看板・その他宣伝活動をみるとあながちウソじゃないでしょう。

広告に膨大な資金を使えるということは、多数の企業と提携し、スポンサーになるだけの母体があるということです。社会的信用のない悪質サイトには不可能です。

特徴3:料金システムが明確で、利用規約がしっかりしている

色々なサイトを調べてみるとわかりますが、料金設定、システムはサイトによってさまざまです。
だいたいはポイント制となっていて、1ポイント10円の換算です。
優良サイトは、とても使いやすい良心的な値段になっていて、登録時に100ポイント単位のプレゼントがついてくるサイトも多くあります。

※「完全無料」の出会い系サイトは、広告で成り立っている真面目もありますが(参考:警察庁「出会い系サ イト業者の主な収益構造」)、個人情報収集目的や架空請求詐欺のような悪質サイトのトラブルも多く発生していますので、安易に登録しないようご注意ください。

そして。もうひとつ。優良出会い系サイトを簡単に見極める方法があります。次の点をチェックしてみてください。

総務省電気通信事業者の認定やインターネット異性紹介事業の届出済み

ある一定基準を満たすと国家機関から得られる認定書で、トップページの一番下に記載されます。PCMAXなどのトップページの下をチェックしてみてください。
信用ある優良サイトには、この認定がついています。
逆に言えば、信頼できない出会い系サイトには国の認定が下りませんので、届出認定の記載がないサイトは安全とは言えません。

これで、あなたの出会いをサポートしてくれるサイトを見つけ出せるはず。自分に合ったいいサイトを探し出したら、あとは一歩を踏み出すだけです。出会い系サイトのいいところは、気軽な気持ちで楽しみながら始められること。
シャイな人でも、女性との出会いに緊張してしまう人でも大丈夫。自分ペースでいきましょう♪

彼女探しに出会い系アプリが大人気!これらが恋愛必須アイテムとなったその理由とは?

これまでご紹介してきた優良出会い系サイトが多くの人たちに利用されるようになった理由の一つに、サイトの出会いサービスをスマートフォンアプリで提供しているという事があります。
お財布と同じ感覚で日々大事に持ち歩くスマホ。
そこから出会いも一緒に持ち歩けるのですから、その手軽さが彼女を探している忙しい社会人には最適なのです。

世界企業の厳しい審査を通り抜けたアプリだから安全性が違う

また、アプリの世界は、誰もが自由にサイトを作れてしまうパソコンの無法地帯とは違い、AppstoreGooglePlayという世界規模の大企業の審査が通らなければなりません。
つまり、アプリにでてくる出会い系サイトは、『高い水準のチェックをパスしてきた質のいいものだけが生き残っている』ということです。

現在、スマホの機種はiPhoneとandroidと、大きく2つの種類があります。
iPhoneはAppstoreで、androidはGooglePlayでアプリをそれぞれダウンロードできるわけですが、特にAppstoreでの審査は厳しいことで有名です。

GooglePlayの場合、iPhoneに比べるとかなり緩めだといわれてきましたが、悪質サイトの流入を防ぐために、審査方法が改善されてきています。数年前までは機械的な審査のみでしたが、最近では新しいシステムを導入したり、スタッフが直接審査を行ったりしています。

万が一トラブルなどを起こせば、もちろんそのアプリは排除されます。
そうした厳しい管理体制が整っているからこそ、真剣に出会いを求めている一般ユーザーが安心してアプリを楽しむことができます。

出会いを求めている者同士が集うから、“出会える率”は劇的に高くなる

「あ、いいな」と感じる女性に出会っても、相手に彼氏がいたり、誰かとお付き合いする気がなかったりしたら、彼女にするのは難しいと思います。それに、「どうせうまくいかない」と、こちらのテンションも下がってしまいますよね。

「出会い系アプリ」が彼女探しにぴったりというのは、そこには「彼氏が欲しい」という同じ目的の女性が集まっているからです。
アプリ内の掲示板やプロフィールを見れば、彼氏を募集している女性が意外にも多いことに気付くはずです。

お互い同じ想いを抱いていますから、アプローチもしやすいし、恋人関係に発展する可能性は断然高いわけです。

出会い系サイトや出会いアプリで女性の心をつかむプロフィールの書き方3原則

サイト内で彼女探しをするときに、あなたの第一印象となるのがプロフィールです。女性は、思っている以上に男性のプロフィールをよく読んでいます。プロフの中見で、どんな女性に出会えるかが決まると言っていいかもしれません。
あなたの魅力が伝わるような書き方のコツ知っておきましょう。

具体的に、ポジティブに書く!愚痴不満の記載は論外

趣味や得意なこと、性格の良い面、休日の過ごし方など、自己紹介は具体的に書きましょう。

例:「趣味は読書」ではなく、
「○○の小説が好きです」とか、
「雑誌は○○をよく読みます」
と書きます。

もし、料理や食べ歩きなど、女性が興味を持ちそうな関心ごとを持っていればぜひ詳しく書いてください。そんなに得意じゃなくても、謙虚にアピールすれば、好印象です。

例:

「料理することは好きですがレパートリーが少ないので、ぜひいろいろ教えて欲しいです」
「一緒においしいお店を発見して、食事を楽しめる相手がいたら嬉しいと思っています」

あと、愚痴や不満をプロフに記載するのは絶対NGです。

  • 最近仕事に疲れて鬱気味で…
  • 彼女と喧嘩別れして最近までむしゃくしゃしていましたが…
  • 金欠気味なので100均で買い物ばかり…

どうですか?危ない人な雰囲気が漂ってきますよね?女性からの返信は0%になります。

読みやすさを意識する!読み手の女性はななめ読みが大半

どんなにいい内容のプロフィール文でも、それが読みづらければスルーされてしまいます。パッと見たときに読みやすさを感じる文章にしましょう。
多数の男性からアプローチが来る女性は、プロフもななめ読みでチェックし、気になったプロフのみ熟読しています。

  • 「漢字」や「熟語」がびっしり並ばないようにする
  • 一文の長さを短くする(文章がダラダラと長くならないようにする)
  • 改行をうまく取り入れる

この3点に気を付けるだけで、読みやすい文章になります。

自分を偽らない!勘のいい女性は作ったキャラを見抜きます

彼女探しをしていると、どうしても自分をよく見せようとがんばってしまいます。
多少の背伸びはいいとしても、完全に作ったキャラやウソは結局バレて、完全無視されます。
誠実なお付き合いがしたいのであれば、ウソをつくことはやめましょう。

だからと言って悪い部分をあえて宣伝する必要もありません。
ネガティブな部分は、オブラートに包んで表現を変えてみるといいでしょう。

例:
NG:私は、内気で女性と話したことがほとんどあまりありません

OK:シャイな性格なので、女性と話すとドキドキして舞い上がってしまうかもしれませんがどうぞ許してください

プロフィールを書く上で大切なことは、相手の立場にたつことです。わかりやすい、読んでいて気持ちのいい文章にすることで、相手は安心してあなたとコンタクトをとろうと思います。

そのために、「です・ます」調の丁寧語で、きちんとした文章を書きましょう。文字情報だけでは相手の素性がまったくわかりませんので、年齢や職業、顔写真などをきちんと載せることも、相手へ誠意として伝わるはずです。

結局、一番大事なのは、相手へ対する
誠意
思いやり
です。このふたつの心が伝わる文章を心がけてください!

出会い系サイトや出会いアプリで女性の返信率が上がるアプローチメールの書き方

出会い系サイトに登録後の最初のアクションが、ファーストメールです。圧倒的に男性ユーザーが多い中、多数の男性がひとりの女性にメールを送っています。ですので、返信される確率は少ないものと心得ましょう。

女性からの返信率を上げるには、相手が安心するような誠意ある丁寧な文章を送りましょう。このとき、「数打てば当たる」根性をだしてはけません。

本気で彼氏を作りたいと思っている女性は、受信したメールを一通り目を通しています。但し数が多いので、ななめ読みです。
いくつか秀逸なアプローチ文をピックアップして熟読するのです。

自分がいいなと思う女性に的をしぼり、丁寧に相手に対する質問や感想などをつづってください。そんな誠意の積み重ねが、いい出会いを引き寄せます。

好印象を与えるファーストメールはこうやって書こう!高返信率の例文

○○さん、はじめまして。僕は(わたしは)○○といいます。
東京都内で電機メーカーに勤める30歳です。仕事では○○をしています。

プロフィールを拝見しました。
○○さんのお仕事に対する姿勢、まっすぐな誠意とぶれないポリシーがあってステキだな、と思いました。

また、趣味が山登りということですが、これまでどんな山に登られたのですか?
いろいろお話を伺ってみたいです。

僕(わたし)も自然の中を歩くのが大好きで、休日にはよく山梨などへ日帰りで出かけます。山梨にもいい山がたくさんありますよ。

もっとお話できたら嬉しいです(^^)

よろしくお願いします。

感じのいいメール文は、次のようなポイントを押さえています。

①簡単な自己紹介を入れる

ファーストメール(アプローチメール)は、突然知らない相手から受け取るメッセージですので、警戒心を少しでも和らげるために、簡単な自己紹介を入最初に入れましょう。

②相手の名前(ハンドルネーム)を入れる

相手の名前を呼ぶことで、親近感がわきます。お互いに、相手に心を開きやすくなります。

③相手への感想を、具体的に書く

彼女探しのシーンで大切なのは、「自分を知ってもらおう」という想いよりも「相手を知りたい」という気持ちです。このときに重要なのは、「共感」と「褒め」。共感できること、相手の「いいな」と感じる箇所を、なるべく具体的な言葉で伝えていきましょう。

④質問を入れる

メールに問いかけ文を入れることで、相手の女性はとても返信がしやすくなります。質問をすると、会話にキャッチボールが生まれます。自己完結型のメール文は、相手がどう返信していいのかわらかなくなります。

⑤文章は長すぎないように

ダラダラと長い文章は、それだけで相手を飽きさせてしまいます。プロフィール同様、読みやすい、サラッとした文章を心がけてください。改行やスペースも、上手に取り入れましょう。
これは意外に難しく、つい長文になりがちですが、何度も書いているうちにコンパクトに書く要領が掴めるはずですよ。

こちらの例文を書き換えてファーストメールのテンプレとしてご活用ください。
返信率が高い実践済みの文章です。
意中の女性のプロフに合った文章を、ご自分のオリジナルネタを1つ以上加えて、心を込めた文章に書きかえてお使いください。
コピペ文章では心が伝わりませんので、一人ひとりに向けたメールをしっかり作成してください。

返信にはどう対応するか

返信内容によって、その後もつながっていける可能性があるのかわかります。
例えば、先述のアプローチメールに対する返信で、

「そうなんですよ。山登りは大好きで、色々な山に登ってます(^^)○○さんも、自然が好きなんですね。山梨は八ヶ岳が好きで何度か行ってますよ」

こんな返信は、脈ありです。具体的な内容が返ってきて、丁寧な中にも親しみを感じる文章になっていますよね。
逆に、

「こんにちは、メールありがとうございます。ぜひ色々話したいですね」

このような、誰にでも同じ内容で返信できるような社交辞令的なものは、あまり期待できないでしょう。再度アプローチしてみてもし見込みがなさそうなら、余計な労力を費やしてモチベーションを下げないためにも、早い段階で手放したほうがいいでしょう。

また、もう少しやりとりしたものの、そのままフェードアウト、音信不通、ということも。
出会い系サイトやアプリで彼女探しをする際によくあり得ることですので、あまりがっかりしないことです。

こちらのなにが悪いのではなく、相手がそこまで真剣に出会いを求めていないケースも多いことを覚えておいてください。
もし途中で途切れてしまっても、そんなに気にしないようにしましょう。

「もっといい出会いが待っているからこれは終わったんだな」と思えばいいです。気楽に楽しみながら地道にアプローチしていきましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ